今回も短編小説を紹介しようと思います。


旧三部以降の時代とEP1〜2の時代を繋ぐブリッジノベル
「タトゥイーン・ゴースト」の後日談を描いた短編小説です。
スター・ウォーズ タトゥイーン・ゴースト〈上〉 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books)
スター・ウォーズ タトゥイーン・ゴースト〈上〉 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books)
クチコミを見る
 スター・ウォーズ タトゥイーン・ゴースト〈下〉 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books)
スター・ウォーズ タトゥイーン・ゴースト〈下〉 (ソニー・マガジンズ文庫―Lucas books)
クチコミを見る

「タトゥイーン・ゴースト」
のストーリーは、ハン・ソロと結婚たレイア。二人がタトゥイーンのオークションに出された
亡きオルデランのモス画(苔で描かれた絵?)「キリック・トワイライト」手に入れる為タトゥイーンへ。
そして、ダース。ヴェイダーの孫となる子供を生んでいいのか?と苦闘する中
幼き日の実父ダース・ヴェイダーことアナキン・スカイウォーカーの知る人々と
出会い真実を知っていくのです。
アナキン親友だったキットスター・バイナ、同じく友人だったウォルドはワトーのジャンクヤードを受け継いだり
アナキンが優勝したブーンタ・イヴ・クラシックに出場したパイロットもチラホラと。

アナキンに宛てたシミ・スカイウォーカーの日記も出てきます。
シミとラーズの出会い、そしてシミ自由になる為にある人物が関っていたり
コレを読むとワトーもかなりいい奴で、シミの日記だけでも読む価値ありな作品。
アナキンがタスケン虐殺を行った地も出てきますよ。。
ストーリー自体はそれほどおもしろくないですが・・・

こんな、内容が組み込まれつつ、レイアとハンが「キリック・トワイライト」入手の為に
四苦八苦している時に登場する三人のスクイブ達。
こいつらが話しにどう関って何をしていたかが本当に記憶に無いのですが、
「タトゥイーン・ゴースト」後日談の短編小説でタイトルになってます。


「スクイブとのトラブル」
スター・ウォーズ・インサイダーEX クローン大戦 スペシャル・イシュー
に収録された短編小説です。
スター・ウォーズ・インサイダーEX クローン大戦 スペシャル・イシュー (Lucas books)
スター・ウォーズ・インサイダーEX クローン大戦 スペシャル・イシュー (Lucas books)
クチコミを見る

DSC01192

「タトゥイーン・ゴースト」同様、こちらも全く記憶に残っておりませんので
説明も出来ません。
「タトゥイーン・ゴースト」を読んでいないとわからないと思います。

「タトゥイーン・ゴースト」はニュー・ジェダイ・オーダー後のキリックとの戦いを描いた
ダーク・ネスト三部作にも関って来たような?スクイブも出てきます。
こちらも、読んだはずなのにどんな結末だったのか記憶に無いな・・・

とりあえず、今回もこんな物がありますよ!
という紹介でした。