ディズニーが展開している
Bright Christmas 2014 Marunouchi 「Disney TIMELESS STORY〜ここから始まる、終わらない物語。〜」
でディズニー作品の1つとして横浜ランドマークタワー ドックヤードガーデンで
スター・ウォーズのプロジェクションマッピングが期間限定で体験できます。

新たにCGで作られたオリジナルムービーに新録された音声、
そしてオリジナルストーリーで展開される
プロジェクションマッピング『スター・ウォーズ 果てしなき銀河の旅』
スター・ウォーズ・ユニバース研究者としても記録を残しておきたいので
スクリプトも作りました。

先頭で撮ったVer


後方で撮ったVer



アナウンス:
LADIES & GENTLEMEN. Welcome to tha Dockyard Projection Mapping.
皆さんこんばんは、ドックヤード・プロジェクションマッピングにようこそ。
ここは映像を観て楽しむだけではなく、
身体全体で感じて楽しむ体感型プロジェクションマッピング空間。
今から御覧頂くのは、来年12月に最新作の公開が決定している
映画「スター・ウォーズ」を題材とした期間限定のオリジナル作品。
主人公ルーク・スカイウォーカーが様々な出会いを通して
ジェダイ・ナイトとして成長し苦難を乗越えていく物語を
ドックヤード・プロジェクションマッピングならではの世界観で描きます。
遥か彼方の銀河系を舞台とした壮大なストーリー
『スター・ウォーズ 果てしなき銀河の旅』お楽しみ下さい。


C-3PO:
あぁ、なんと荒れ果てた風景。
銀河の中心から遠く離れたこの星タトゥイーンは
我等がヒーロー、ルーク・スカイウォーカー様の故郷です。
この星で、善と悪との壮大な戦いの幕が切って落とされました。

わたくしはC-3PO。

R2-D2:
電子音

C-3PO:
これは相棒のR2-D2です。

こちらはレイア姫。悪の銀河帝国軍に立ち向かう反乱軍のリーダーで
ルーク様の良きご友人でもあります。

彼はハン・ソロ。ミレニアム・ファルコン号の船長です。
隣は副操縦士のチューバッカ。
ちょっとした悪のハン・ソロですが、ルーク様とレイア姫に協力し帝国と戦います。


うぅ大変、敵に攻撃されています。
急いでR2、ハイパースペースに入って逃げないと。
座標を出して!


あぁ、このお方がジェダイ・マスターのヨーダです。
フォースと共に生き、ジェダイの騎士を800年に渉って育成してこられたお方です。
ルーク様を導いて下さるでしょう。

ヨーダ:
生命が創り出し、大きく育てたフォースはエネルギーじゃ。
我々を取り巻き、結び付けておる。
我等は輝ける存在。こんな粗野なものではない。
よいかの?周囲に満ちたフォースを感じるのじゃ。
ここにも、ほらあそこにも、そこににも、木ににも、岩にも、至る所にある。
そうとも、この大地にも、船の間にもフォースはある。


R2-D2:
電子音

C-3PO:
なんです、R2?
あぁ、なんてこと!
ダース・ヴェイダー、フォースの暗黒面のマスターです。
怒りと恐怖、そして嫉妬心によって彼は恐ろしい敵になりました。
彼の率いるストームトルーパー軍団に、
わたくし達ドロイドも銀河の住民も苦しめられています。
ルーク様は彼に勝てるんでしょうか?わたくし、心配です。

ライトセーバーはジェダイの騎士の武器。
でも、不幸な事にダース・ヴェイダー達、シス卿の武器でもあるのです。
銀河の運命は一人に、フォースのバランスに。
駄目、もう見ていられません。


よかった、ルーク様はダース・ヴェイダーとの対決を切り抜けたようです。

ほら見てR2、反乱軍と合流してデス・スターへの攻撃に加わっておいでだよ。

やりました!たくさんの人に助けられてルーク様がデス・スターを破壊しました。
でも壮大な物語はまだ続くからねR2。

R2-D2:
電子音

C-3PO:
フォースと共にあらんことを。

アナウンス:
皆さん、『スター・ウォーズ 果てしなき銀河の旅』いかがでしたか?
それでは引き続き、Bright Christmas 2014 in 横浜みなとみらいをお楽しみ下さい。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

一見、映画のダイジェストのようですが、よく観ると全然違う!
これはオリジナルストーリーだ!ってことでちょっとまとめ。
・C-3POの音声は新録ここでしか聴けない貴重な音源
・小惑星帯でTIEファイターに追撃されるミレニアム・ファルコン
 C-3POと一緒にR2-D2も乗っているのでEP5のホスの小惑星帯ではない。
・ヨーダの声はDVD・ブルーレイの吹替え音声の流用。声も台詞もDVDで確認しました。
・ルークvsダース・ヴェイダーの激しいライトセーバー。
 ブロック動くが決闘の舞台がクラウド・シティじゃない。
 (映画の流用シーンはクラウド・シティだけど)
・ヴェイダーと決戦後、第1でも第2でもない謎のデス・スターを破壊するルーク。
・ルークを追撃するTIEアドヴァンスドx1(ヴェイダー専用機)が無いのでヤヴィンの戦いでもない
・初代デス・スターの弱点が克服されておらず、全く同じ方法で破壊されるデス・スター。
 何となくスター・ツアーズに近い

スピンオフ好きの会話になると、これらの事柄からお馬鹿な会話が膨らんでいきます(笑)
プロジェクションマッピングですが、実際に観ると迫力があってかなり面白いです。
CG映像はゲームっぽい雰囲気も有りますが、デス・スターへ突入するシーンは
旧スター・ツアーズを思い出す迫力でした。
開催期間は11月13日(木)〜12月25日(木)なので
行ける方は是非体験して貰いたいです!