スター・ウォーズ ホロネット・ブログ

スター・ウォーズのスピンオフ作品や書籍を中心に紹介 スター・ツアーズ研究

2012年02月

アナキンの日記「Anakin Skywalker: A Jedi's Journal 」

面白い物を手に入れました。といっても大分前ですが・・・
「Anakin Skywalker: A Jedi's Journal 」という洋本

Anakin Skywalker: A Jedi's Journal
Anakin Skywalker: A Jedi's Journal
クチコミを見る


中身は、EP1でアナキンがジェダイになってからの日記になっています。
本の設定は、アナキン自信が手書きで記した(絵)日記帳って感じです。

最初のページは、コルサントの向かう船の絵と共に
「My new home planet,Corusant」
とし記してあるので、EP1直後からの日記だと思います。

そして、ページをめくるとジェダ・イコードが書いてあります

ジェダイ・コード
感情はなく、平安がある。
無知はなく、知恵がある。
情熱はなく、平静がある。
死はなく、フォースがある。

勿論、英語でですが。
ジェダイになるアナキンが最初に学んだことなのでしょうね。

ページをめくっていくと
絵と共にジェダイ聖堂のこと、自分の部屋のこと、オビ=ワンのこと
クワイ=ガンのことを記しています。(多分、英語がわかりません)

そして、ホームシックになっているようで、タトゥイーンのこと
離ればなれになってしまった母シミのことやワトーのことを書いています。
ホームシック


パドメのことも忘れられないようで、ナブーやパドメも
パドメ


EP1の3年後を描いた小説「ローグ・プラネット」でオビ=ワンに隠れてコッソリ参加していた
コルサントで行われる違法なピット・レースと思われる日記
ピット・レース


その「ローグ・プラネット」に出てくる敵エイリアンのブラッド・カーヴァーという種族
個体名のキ・ダイヴの文字が見つからないので、
ブラッド・カーヴァーについて描いてる?
120120_233343


ピット・レースとブラッド・カーヴァーが書かれているので「ローグ・プラネット」
辺りでの日記だと思われます。
因みに、ブラッド・カーヴァーのキ・ダイヴは、
アナキンの怒りによって殺される最初の人物です。

ジェダイ・クエストの未邦訳コミックから
奴隷商人クレイン
120120_233925

こっちがコミックのクレイン
120123_190241


そして、このコミックでアナキンがヴィジョンの中で
ダース・モールと闘います。(英語ができないので多分)
120120_233407

120123_190332

120120_233429

120120_233720

パダワン仲間、EP2直前を描いた小説「崩壊の序曲」で
共に行動したバリス・オフィーも描いています。
120120_233540

クローン・ウォーズでは、アソーカのパダワン仲間にされてしまったバリスですが
もともとはアナキンのパダワン仲間なのです。
ここはクローン・ウォーズで数多くある納得いかないところ

アナキン理想のスピーダー
120120_233639


説教されてマスターをこんな風に描いちゃってます
120120_234029


こんな感じで、アナキンが記した日記が書かれています。
アナキンって絵描くのも上手いんですね。
白紙のページもあり、ボリュームある内容とは言えませんが
個人的にかなり満足いく内容の本でした。

SWコミック復活するかも?

いつも言ってますが、3Dに向けてスター・ウォーズ書籍の企画が
結構進んでるようですね。

フィギュア本「STARWARS ACTION FIGURE DATABASE 」
STAR WARS ACTION FIGURE DATA BASE Vol.1[1978-1985]
STAR WARS ACTION FIGURE DATA BASE Vol.1[1978-1985]
クチコミを見る


の久保 卓哉さんが「ホビージャパン」でも山ほど出る公式書籍で忙しいと
と言っていました。
どの本が出るかはわかりませんが非常に楽しみですね。

本日、小学館集英社プロダクションのツイッターアカウント
SW本についての情報が来ました。
映画のタイミングの出版ではなく、夏頃の出版のようで
かなりマニアックな物と、ライトな物なヴィジュアル本を出す予定らしいです。

個人的には、「クロノロジー」「全史」の“Essential Guide”なんか出して貰えたらうれしいですが。


そして気になるのがこれ
2012/02/03 17:19:15
さらにSW本の件。今回の企画はビジュアルブックですが、SWコミックはなんとか復活させたいと考えています。SWファンはどのコミックを欲しているのか…。


最近の小プロさんは、アメコミやバンドデシネなどの海外コミックを
結構な数を出版していますので、この海外コミックブーム?の流れに乗って
是非出していただきたい。
まだ企画にすらなってなさそうですが、
「SWファンはどのコミックを欲しているのか…」
との事なので、SWファンの方はツイッターで要望を出したら
出版まで漕ぎ着けるかもしれませんので、応援していきましょう!

そこで、どのコミックがいいのか考えて見ましょう。
出版するとなると、長期シリーズは打ち切りの可能性が
有るので、短いシリーズで映画で馴染みある
キャラが出るてる作品がいいと思います。

私が一度、要望したのはEP1に時代も近いし、それほど長くない作品。
結構な豪華メンバーが揃ってる「Jedi Council: Acts of War」
人気キャラ「Darth Maul」
を要望しました。
小説「ダース・プレイガス」が出てくれるのを信じて、
プレイガスに関ってくるのコミックが読みたかっただけですけど。

他は最近出た,EP3後のヴェイダーのコミックとかが無難ですかね
Star Wars: Darth Vader and the Lost CommandStar Wars: Darth Vader and the Lost Command
著者:Haden Blackman
販売元:Dark Horse Comics
(2011-11-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


エグザ・キューンとかダース・ベインとかもいいですけど、
売れなそうですからね・・・

個人的には、アニメ「クローン・ウォーズ」で設定が消えかけてる
クローン大戦を描いたシリーズ全9巻のClone Wars
なんか出て欲しいですけどね。
EP2〜EP3公開時に、小説と一緒にメインで進んでたシリーズなので
カミーノの戦い、オーマ=ダンの戦い、ジャビームの戦い、アウター・リム包囲作戦とか
いろいろ在るから読みたいけれど
最終巻に収録のヴェイダーがジェダイ狩する「Purge」もいいです。

ルーク世代だと、翻訳向きなコミックが思いつかない
「ダーク・エンパイア」の完結編「Empire's End」とか、スローン三部作コミック版とか?
「Empire's End」は読みたいですけど、今更感がありますからねぇ

テールズも、訳す話を選べば面白いと思います。

今年中に、100冊を超えそうですが英語が出来ないで
一冊も読めていませんので何でもいいので翻訳を出してもらいたい!
DSC00248

DSC00249

DSC00250


スター・ウォーズファンの方は、ツイッターで小プロさんに要望を出してみましょう。
もしかすると、翻訳されるかもしれません!

スター・ツアーズに行って来ました

東京ディズニーランドのアトラクション「スター・ツアーズ」が
リニューアルの為、2012/4/2から閉鎖となってしまいます。

ということで、一生乗ることが出来なくなる前に
残り僅かなニート期間中の平日に
単身TDLに乗り込み「スター・ツアーズ」エンドアへの旅へ行ってきました。

今回の目的
・キューラインでのドロイド達の会話、モニターの映像を記録として残す
・スター・ツアーズの外観やキューラインにいる様々なキャラクターを写真に収める
・スター・ツアーズをとにかく楽しむ!

スピンオフ・設定好きの私には
スター・ツアーズのストーリー・キューラインの会話も重要なのです。

そんなわけで、セレブレーション・ジャパン開催の時に
特別上映された「新たなる希望 特別篇」を観たとき以来の舞浜へ

平日の開園1時間前の9時前に到着。
10時に開園でスター・ツアーズ(ST)に直行!
そしたら開いておらず、焦り始めました。
そう、スター・ツアーズだけの為にやってきたのに・・・
この為に、わざわざデジカメ購入までやってきたのにふざけるな!
と思いつつ、外観の撮影。

スポンサーから外れた“Panasonic”の文字がアンテナには残ってます。
スター・ツアーズ


撮れるものは何でも撮る
197


そんな事をやりながら、何人かSTは訪れる人も
多くは無いけどそれなりにいたけど、皆どこかは消えて行きました。
そんなこんなで約30分後、スター・ツアーズ職員が出てきて
一時間遅れの「11時から開きます」と

マジかよ?と思いつつ周辺を歩いたら「キャプテンEO」が有ったので
時間的にも丁度いい!何より、制作総指揮がジョージ・ルーカスなので時間潰しへ!
「キャプテンEO」については、また後の機会に

「キャプテンEO」終了後にはSTオープンしていたので早速中へ

今回の目的は、ドロイドのトークを記録する
ということなので、デジカメで動画撮影。
先ず入ってすぐ通路の上にドロイドが一体

こいつがしゃべってます。(トーク1箇所目)
こいつが、「クローン・ウォーズ時代からどうの」みたいなことを言っていました
そういうところで、設定を関連付けるようなこだわりが感じられます。
私はそういうのが大好き!
075


奥へ進むとスタースピーダー3000に搭載されたR2−D2とC−3PO
そして、このスペースにある大きなスクリーンが映像と会話がリンクしています。(トーク2箇所目)
140

また、3POの向かいの上に司令室みたい所があり
2人のモン・カラマリがいます
085


その後、セクター2に入り
016


アストロメクを修理するおしゃべりドロイド(トーク3箇所目)
096


下のドロイド二体とモニターに出てくるモン・カラマリのやり取り(トーク4箇所目)
103

102

008

二体目のドロイドの箱の中にベビー・オークファンが紛れた
とかで、モン・カラマリのモニターに映し出されます。
010


セクター2の最後のドロイド(トーク5箇所目)
108

上には2体(羽?)のバードドロイドも
014


ここまで全5箇所のドロイド達のおしゃべり、ずっとしゃべり続けているのですが
どれも約10分でトークが一回りします。
ST入って一周目はこれらを録画しながら、全部聞きながら録画。
(トーク1箇所目に気づいたのは2周目でしたが)
乗る人は、皆スルーして先へ進んでいましたが
普通に楽しむと搭乗までに1時間以上掛かります。

その録画した動画ですが、予想はしてましたが反響とかで
肝心のトークが聞き取りづらかったり、上手く採れてなかったりでした。

キューラインのセクター2ですが、全体が暗くてよく見えないのですが
フラッシュで撮るといろいろと面白い物が撮れてました。
壊れたプロトコル・ドロイドや部品が散らばってます。
093

094

壊れたこんなドロイドもいます。
167


そして、セクター2にいるレアキャラ
マウス・ドロイドに偶然出くわしました
存在は知っていたのですが何所にどのように出てくるか
全く知らなかったのですが、
ST4周目で泣き声と共に光ながら動いてる物を発見
偶然出てきたようで撮影に成功。
5周目で出る場所も判明したので待ち構えました。
そしたら、何も無いのに同じ所で一人待ち構えてる人が居たので
声を掛けたら、愛知からSTの為にTDLに来たそうで
私と同じ事を考えて、マウス・ドロイドを撮ろうとしていました。
結局その場で、30・40分程待ったらマウス・ドロイドが出てきました。
どの位の周期で出てくるのかもわかりません。
レールが有ってそこを走っているのですが、3周くらい回ったら
消えてしまいます。
146

ズームとかして待ち構えても暗くて距離感がわからず、止まってくれないので
アップで上手く撮れたのこれだけでした。
161


搭乗前の搭乗案内は、
物凄く口が歪んだ日本人男性
日本人女性
外国人女性
の3パターンを確認。
この搭乗注意ムービーにはチューバッカやイウォーク
わかる人にはわかるティークなんかも出てて面白い。

搭乗中の撮影は出来ないので座る直前までは撮影しました。
中で流れてるC−3POの注意の中に流れる
三つ目エイリアンのグランがかわいいです。
映画とは違う安っぽい着ぐるみが微笑ましい映像が流れてます。
それも録画しました。

本編終了後も、モニターがありダン・アンドロイドが
124

ツアー案内をしています。
ここの映像もオリジナルの映像が流れています。
水の惑星プラヤ、砂漠の惑星バーメス、宇宙基地?の3箇所の映像と共に
案内します。ここも結構面白いです。皆スルーしてましたけど。

エスカレーターの看板も注目です。
047



今回は動画を撮ってたこともあり、予備バッテリーまで使い切ってしまい
好きなように撮れませんでした。ここに載せていない写真もまだまだ有ります。

今回1日中、スター・ツアーズに入り浸って計16回の搭乗でした。
隅々まで楽しむには、一人が一番と実感しました。
人と来ると好きなように見れないと思います。

それでも、確認できなかったドロイドがたくさんいました。
今回の失敗を踏まえてまた、行きたいですね。いけたらいいけど・・・
スター・ウォーズファンの人とも行ってみたいですね。

スター・ウォーズファンの方は残り僅かの期間の間に是非行って欲しいと思います。

なんか、やっつけ記事ですみません。画像張りながら書いてると何を言ってるかわからなくなります
プロフィール

hanpela

記事検索
ギャラリー
  • プロジェクションマッピング「スター・ウォーズ 果てしなき銀河の旅」
  • プロジェクションマッピング「スター・ウォーズ 果てしなき銀河の旅」
  • デアゴスティーニ「隔週刊スター・ウォーズ モデル コレクション」休刊
  • デアゴスティーニ「隔週刊スター・ウォーズ モデル コレクション」休刊
  • Starspeeder 1000 Spaceliner Collection
  • Starspeeder 1000 Spaceliner Collection
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ