ボバ・フェットい箸、ブループリントとか書くべき事を書かないで
またまた、久々の更新です。

今回は、数々のSF映画のオマージュたっぷりのコメディ映画
「宇宙人ポール」を鑑賞しましたので軽く紹介。
もちろん、スター・ウォーズネタも満載だったからです。

簡単なあらすじは、
SFオタク二人組みがコミコンやらUFOスポットを旅している途中
とある施設から逃げ出してきた宇宙人“ポール”に出会って
ある組織から追われながら一緒に旅をしていくコメディ映画です。

間抜けなSFオタクなオッサンとクールなポールのやり取りに
SF映画ネタがあり、ネタを知ってれば知ってるほど笑えます。

序盤がコミコン会場から始まるので、スター・ウォーズキャラのコスプレを
している人達もちらほらと見受けられました。
そして、イウォークも軽く下ネタだったけど使われていましたよ モジャモジャだった
旅の途中で立ち寄ったバーではEP4の酒場で流れていた「カンティーナ・バンド」も
流れてました。
終盤は、主人公の一人が帝国の逆襲Tシャツを着て最後にあんな事を
嘆いていたので笑わせて頂きました。その嘆きはSWネタでは無いですけどね。

SWネタでないところでは、あのスティーヴン・スピルバーグ本人が声ののみ出演!
ポールとスピルバーグのやり取りであのSF映画「E.T.」製作の意外な真実が明かされます。

また、ポールを追う組織のボス“ビック・ガイ”も後ろ姿のみで謎の人物でしたが
最後には、正体を現わし劇場で笑いが起こってました。
とあるSF映画の女優さんです。

上映中に所々で笑いが起こっていて
こーいうコメディ映画は笑いながら観るものだなぁと実感!
良い映画でした。
テキトーに、そしてネタバレも極力しないように紹介しました。
スター・ウォーズファンの方なら観ても損は無い映画だと思います。

公開している劇場は少ないですが、渋谷の公開劇場・渋谷シネクイント
「ピープルvsジョージ・ルーカス」が公開する劇場でもありますので
本編上映前に予告を観る事できました。
また「ピープルvsジョージ・ルーカス」の前売券の発売も開始しています。
私も、もちろん購入

渋谷に行けるスター・ウォーズファンの方は、「宇宙人ポ−ル」を鑑賞しつつ
「ピープルvsジョージ・ルーカス」の前売券も買っちゃうってのはどーでしょうか?

ファントム・メナス3Dの前売券も早く買わなくちゃ!